女性からの脈ありサインを見逃すな!取引先との恋愛を成就させる方法

女性からの脈ありサインを見逃すな!取引先との恋愛を成就させる方法
恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

取引先の女性が好きになってしまった時、どうやって恋愛関係に持ち込めば良いのか悩みますよね。

取引先には気を遣わなければならないことが多いし、一歩間違えば、取引先から信頼を失うかもしれないリスクがあります。

だからこそ、取引先との恋愛には、女性からの脈ありサインがあるかどうかが重要なんですよ。

 

そこで今回は、取引先の女性が好きな男性に送る脈ありサインについて解説!女性からの脈ありサインを感じた時に、どうやって恋愛関係に発展させれば良いのかの方法も紹介します。

 

取引先の女性からの脈ありサイン7つ

好きな男性に対して、女性は無意識に、あるいは意識的に脈ありサインを送っています。だけど、それが取引先の男性の場合、あからさまな脈ありサインを出すことはできません。

女性も仕事関係、特に取引先の男性に恋愛感情を持った時は、仕事に支障が出てしまうことを恐れて、正面からアプローチできないものです。

なので、取引先の女性からの脈ありサインは、とってもわかり辛いのが特徴です。しかも、脈ありじゃない時の対応と酷似しています。

 

だからこそ、これから解説する取引先の女性からの脈ありサインは、1つ2つ程度当てはまるだけでは「脈あり決定!」とは言えません。

いくつも当てはまり、且つ総合的に見て「彼女が自分に脈ありサインを出している」と思い当たるかどうかが、重要になってきます。

 

それでは、取引先の女性からの脈ありサインにはどんなものがあるのか、解説していきましょう。

 

目が合うと逸らされる

目が合うと逸らされるというのは、男女に共通する脈ありサインですが、相手が取引先の男性の場合、特に顕著になります。

 

目が合うと、つい逸らしてしまう女性の心理は、こんな感じです。

「好きだから見たい。でも、目が合うと恥ずかしくて、気持ちがバレそうで、目を逸らしてしまう…」

取引先との打ち合わせや仕事の交渉時、相手の目を見るのがマナーのようなものですよね。明後日の方を向いて話をしても、説得力もないし、信頼関係も生まれません。

 

だから、取引先の女性から真っ直ぐ目を見て話される場合、脈なしの可能性の方が高いのです。あなたに恋愛感情が全くなく、取引先相手としか思っていないからこそ、目と目を合わせて会話ができます

本当はしっかり目を見て話すのがマナーなのに、それができずについ目を逸らしてしまうのは、取引先の女性からの貴重な脈ありサインなんですよ。

 

口調が丁寧で優しい

取引先の相手には、丁寧な口調で話すのが当たり前ですよね。でも、そこに「優しさ」が加わってきたら、女性からの脈ありサインです。

女性のタイプにもよりますが、仕事の会話では合理性や効率、わかりやすさを求めるものです。なので、男性から見ると、仕事ができる女性ほど、もしかしたら丁寧さの中に冷たい印象を受けるかもしれません。

 

しかし、普段は仕事第一の女性でも、恋愛感情があれば、どうしたって口調に感情が表われます。

 

  • あなたの話にとても良く耳を傾ける
  • 話を急がず、丁寧にじっくりと進める
  • 所々で「お疲れではないですか?」等、気遣いの言葉が入る
  • 感謝の言葉がとても丁寧
  • 褒め言葉に親しみを感じる

 

取引先の彼女と会話して、このような印象を受けるなら、それは脈ありサインですよ。

 

プライベートの連絡先を聞かれる

取引先と仕事のやり取りをする時は、当然会社支給の端末を使って連絡を取り合いますよね。仕事だけならば、会社の電話番号とメールアドレスで全てが事足ります

でも、女性があなたに恋愛感情を持ち下心があれば、プライベートの連絡先を聞いてきます。あるいは、自分のプライベートな連絡先をあなたに伝えます。

 

「万が一、会社の携帯に連絡がつながらなかった時のために、念の為、〇〇さんの連絡先を伺っておいても良いですか?」

こんな風に、仕事を理由に聞いてくるのです。

 

だから、あなたは「やっぱり取引先の仕事相手としか思われていないのか」と、感じるかもしれませんね。でも、本当に仕事だけの関係ならば、むしろプライベートな連絡先を女性から聞くことはありません。

 

そもそも、取引先相手のプライベートな連絡先を聞くという行為が、非常にリスキー。場合によっては「万が一、念の為とはどういうことか」と、会社の連絡先で完結できないことに、気分を害される可能性があります。

それでも、取引先という関係から一歩踏み出し、いつかは恋愛関係になりたいから、彼女は勇気を出して聞いてくるのです。これは間違いなく脈ありサインですよ。

 

打ち合わせの時間が長い

好きな人とは長い時間一緒にいたいものですよね。でも、取引先相手だと、一緒にいられる時間は仕事中のみ。

だから、女性はあなたに恋愛感情があると、「仕事ができる女性だと思われたい」という気持ちと同時に、「好きな人と少しでも一緒にいたい」と考えます。だから、つい打ち合わせ時間が長くなってしまうのです。

 

ただ単に容量が悪い場合も、打ち合わせはダラダラと長引いてしまいます。でも、仕事はきちんとできるのに、なぜか打ち合わせだけが長いならば、女性からの脈ありサインかもしれませんよ。

 

仕事以外の話題が良く出る

取引先との会話は、基本的に仕事のことに限りますよね。雑談はゼロではありませんが、時間調整や場の雰囲気を和ます術であり、割合としてはとても少ないです。

だけど、女性があなたに恋愛感情を持っている場合、どうしてもあなたのことを色々と知りたくなります。だから、つい仕事に関係ないことを聞いてしまいます。

また、純粋に「仲良くなりたい」という思いがあるので、仕事だけではなく、女性からプライベートな話題を出して、距離を近づけようとします。

 

話し好きや、雑談を営業テクニックと考える女性も、恋愛感情とは関係なく、巧みな話術で豊富な話題を提供してきます。しかし、個人的な内容よりも、誰もが興味を持つ食や流行り物、時事ネタが多いです。

そうではなく、女性から自分のプライベートな話題を出したり、あなたへの個人的な質問が多かったりする場合、脈ありサインの可能性が高いですよ。

 

別れ際もう一度話をふられる

打ち合わせも終わり、「ではそろそろ…」とあなたが立ち上がろうとした時、再び仕事の話題を出されて引き留められることはありませんか?それって、女性からの脈ありサインなんですよ。

 

取引先とのつながりは仕事だけですよね。だから、打ち合わせが終わってあなたが帰ってしまえば、しばらくあなたとは会えなくなります。女性に恋愛感情があると、それが寂しくて、つい咄嗟に引き留めてしまうのです。

 

相談事をされる

相談事をするというのは、好きな相手と距離を縮めるベタな方法ですよね。これは、好きな男性が取引先相手でも例外ではありません。

相談事をするということは、「相手を信頼している」と伝えることです。また、「あなただけに相談します」と言えば、好きな人と秘密を共有することができます。秘密は結束感を作り、急に距離を近くするものです。

 

だから、取引先の女性もあなたに相談事をして、距離を縮めようとするのです。それが例え仕事上の相談事でも「〇〇さんだから聞いて欲しい」と、あなたを選んで相談しているようなら、確実に脈ありサインです。

 

取引先との恋愛を成就させる方法とは?

取引先の女性から脈ありサインを感じたからと言って、浮かれてはいけませんよ。仕事が深く絡む取引先の女性との恋愛は、慎重に事を進める必要があります。

では、どのようにして取引先の女性との恋愛を成就させれば良いのか、その方法を紹介します。

 

まずは仕事を理由に誘う

取引先の女性からいくつもの脈ありサインを感じたら、職場から離れた場所に誘ってみましょう。でも、まずは仕事を理由にして下さい。

「この後、打ち合わせしながらランチでも(お茶でも)どうですか?」

と、サラッと誘ってみましょう。

 

女性からの脈ありサインが本物ならば、一度は遠慮しても、あなたから積極的に誘えばOKしてくれます。

同じ打ち合わせでも、会社から外に出るだけで、2人を取り巻く雰囲気はガラッと変わります。会社の外である開放感から、プライベートな会話もしやすくなります。そうすれば、距離も近づきます。

 

もしも、仕事を理由に誘っても、女性が遠慮の塊になって頑なに拒否するようなら、残念ながら脈なしです。あなたからの行動は控えてくださいね。

 

「迷惑ではありませんか?」とさり気なく質問する

今時は、仕事関係の男性が女性を誘うだけで、「セクハラ」なんて言われかねない世の中ですよね。でも、取引先相手の場合、逆に断ることで気分を害されると困るからと、気が乗らないのに誘いに応じる女性もいます。

 

だから、あなたから誘って女性が応じてくれたら、どこかで必ず「迷惑ではありませんか?」と、さり気なく女性の気持ちを聞いてください。

この時「はい。迷惑です」とストレートに言う女性はいませんが、その受け答えで、今まで感じていた脈ありサインが本物かどうかを見極めるヒントになりますよ。

 

また、このような小さな気遣いと言葉がけがあるだけで、女性からの好感度は一気に上がります。

 

徐々にプライベートな連絡を増やす

取引先の女性にあなたからアプローチして、嫌がる素振りがないならば、徐々に仕事絡みからプライベートな連絡を増やしていきましょう。

この時、先に女性から聞かれていたプライベートな連絡先が役立ちます。今時は社内メールのモニタリングや、携帯電話の履歴をチェックする会社も増えているので、プライベートなやり取りは、個人的な連絡先に移行していくのが得策です。

 

もしも、女性から「ご連絡は会社のメールアドレスのお願い致します」と言われれば、残念ながらあなたとは取引先の仕事関係以上にはなりたくないということ。速やかに引き下がりましょう。

一方、プライベートなやり取りが順調に増えて、女性も楽しんでくれるならば、脈あり確定!恋愛関係になるために、具体的なアプローチをして良いということです。

 

デートの誘いは遠回しにする

さあ、ここまできたら、あなたからデートに誘うしかありません。取引先の女性は、きっとあなたの誘いを待っていますよ。

ただし、ここでも慎重さを失ってはいけません。何せ相手は取引先の女性です。女性からの脈ありサインをガンガン感じても、デートの誘いは遠回しに謙虚な姿勢でいくのが正解です。

 

「休日のご予定はどうですか?もしも、ご迷惑でなければ、一緒に食事でもいかがでしょうか?」

これくらいが丁度良いです。

 

後は、彼女の反応を待ちましょう。あなたに本当に脈ありならば、きっと応じてくれますよ。そうしたら、2人でデートを楽しんで、少しずつ恋愛を育んでくださいね。

 

 

おわりに

取引先との恋愛は、仕事が深く絡んでくるので、非常にデリケートな問題ですよね。だから、慎重になり、女性からの脈ありサインもわかり辛いものになってしまいます。

でも、取引先の女性との恋愛を成就させるためには、このわかり辛い脈ありサインを見抜く目が必要です。女性のことを良く観察して、見逃さないようにしてくださいね。

恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です