男性の口説き方!女性から積極的にアプローチする6つの方法

男性の口説き方!女性から積極的にアプローチする6つの方法
恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

好きな人ができたけど、女性から男性を口説くのってあり?

もちろんありです!だけど、押せ押せのアプローチで口説いても、上手くいくとは限りません。男性の口説き方には、ちょっとしたコツがあるんですよ。

そこで今回は、女性からアプローチして男性を落とす口説き方を紹介します!

 

女性から口説くのは「あり!」4つの理由

やっぱり女性から口説くのって、男性から引かれるんじゃないかな…

今の時代でも、そう思っている女性は少なくありません。

男女平等と言われていますが、恋愛に関しては、やはり男性から積極的にくるものだという固定概念と、そして願いがあるのが女性です。

 

でも、今時は女性から口説くのは大いにありなのです。それどころか、女性から動かなければ、実は相思相愛でも恋愛関係に発展しない場合もあるんですよ。

なぜ、女性から口説くのがありなのか、その理由を解説します。

 

草食男子、絶食男子が急増中!

現在、恋愛に積極的になれない草食男子、恋愛に興味がない絶食男子が急増中です。

 

リクルートブライダル総研が、2015年に全国の20代から60代の男女を対象にして行った「恋愛・婚活・結婚の調査2015」では、男性の約3割が交際経験ゼロという結果になったのです。

20代男性に限定すれば、なんと41.9%が交際未経験者

 

そして、交際経験のない男性程、自分から告白しない傾向にあります。告白した回数は、交際経験のある男性が3回前後なのに対し、交際未経験の男性は0.5人なのです。

 

これでは、いくら待っても意中の男性から告白されないかもしれません。だから、女性から口説くしかないのです。

 

男性が恋愛に積極的になれない時代背景がある

男性が恋愛に対して積極的になれないのは、彼らだけの責任ではありません。

人間関係が希薄になった現在、少し積極的にアプローチを頑張っただけで、場合によっては「ストーカー」「セクハラ」と思われてしまうリスクがあるのです。

 

だから、好きな女性がいても、男性からガンガンアプローチするのが難しく、どうして良いのか悩み、結局行動できない男性が増えています。

だからこそ、女性から積極的に口説くのは、男性にとっては願ったり叶ったりです。

 

男女平等社会で女性から口説かれることに抵抗がない

一昔前は、「女性は女性らしく」「男性は男性らしく」といった教育がされてきました。男性は女性を守り、女性は男性を支えるという考え方がごく当たり前でした。

しかし、男女平等社会となり、性別が違うことで区別される機会が激減しました。そのため、「男だから」「女だから」という考え方も過去のものになりつつあります。

 

だから、「男なのに女に口説かせるなんて情けない!」と考えるような男性は、かなりの少数派となりました。男女平等社会を生きてきた男性は、女性から口説かれることに全く抵抗がないのです。

 

女性から好意を寄せられて嬉しくない男性はいない

草食男子、絶食男子が急増中ですが、女性から好意を寄せられて嬉しくない男性は、まずいません。

単純に女性にモテることが嬉しいですし、自慢にもなります。男としての自信もつきます。女性から口説かれて付き合うかどうかは、また別の問題ですが、迷惑行為にならない女性からのアプローチなら、男性はいつでもウェルカムなのです。

 

女性から口説く時の注意点

女性から男性を口説くのは大いにありですが、いくつかの注意点があります。ただ口説けば良いというわけではありません。

 

男性のプライドを傷付けないよう細心の注意を払う

自分から恋愛に積極的になれないのに、「女性に流されたくない」というプライドを持っているのが、男性のちょっと面倒でナイーブなところです

ですので、女性から口説く時は、男性のプライドを傷付けないように、細心の注意を払う必要があります。

 

口説き方は交渉と似て非なるものです。「私と付き合って!」という言葉に、例え頷かせたとしても、気持ちが伴わなければ、恋愛は意味がありません。

だから、間違っても「あなたみたいな人は、私くらいしか好きになってくれないわよ」みたいな口説き方をしてはいけません。

屈服させるのではなく、あなたの魅力に気付かせるのが、女性からの口説き方の基本です。

 

人前で露骨にアプローチしない

社会性の高い男性程、自分のプライベートを人前に晒すことを嫌がります。もちろん、プライベートには恋愛も含まれます。

ですので、男性を口説く時は、2人きりの時が基本です。人前で男性に好意をダダ漏れさせるような態度はNGです。

好きな人が周囲の目を気にするタイプの場合、それだけで、恋愛対象から外されてしまいます。

 

「決断したのは自分」と男性を納得させる

女性から男性を口説く時、口説いているのはあなたでも、最終的には男性から「付き合おう」と言わせるのが理想の口説き方です。

前述した通り、恋愛に消極的な男性でも、実はプライドの高い部分があります。女性から口説き落とされたというのは、やはり男性的にとって、あまり人に言えることではないのです。

 

だから、「付き合うと決断したのは自分」と、思わせることが重要です。そうすることで、男性はあなたとの交際に納得するからです。最後の一押しは、男性からするように仕向けましょう。

 

男性の口説き方6つ!女性から言われて嬉しい言葉はこれ!

それでは、男性を口説く時の注意点を踏まえながら、本題である女性からの口説き方について、解説します。

女性からの口説き方は、「好き!」と好意を伝えるような直接的なものではありません。

回り込んで最終的に「彼女は僕のことを好きなのかもしれない」と、男性に気付かせるような口説き方です。

 

もちろん、ストレートに告白するのもありなのですが、それには玉砕するリスクが付きまといますよね。

だから、あの手この手で男性を口説いて、外堀を固めて、最後は男性から告白させるのが、女性からの口説き方のテクニックです。

 

さり気なく褒めて口説く

男性は常に競争にさらされ、評価される環境下におかれています。ですので、誰かに褒められることにとても敏感で、自分を褒めてくれる女性には必ず好感を抱きます

だから、誉めながら口説くのが、女性からの口説き方のポイントです。好きな人の良いところなら、いくらでも見つけることができますよね。素直に躊躇なく、そして細かく褒めていきましょう。

例えば、こんな感じです。

 

  • 〇〇さんのネクタイ、珍しい柄ですね。すっごく似合ってます!
  • 〇〇さん、いつも優しいからホッとします。
  • 〇〇がお上手なんですね!すごいなぁ!
  • 〇〇さんって本当に素敵ですよね。モテるんだろうなぁ。

 

特に、好きな人の得意分野は褒めると効果的です。「良くぞ気付いてくれた!」と、男性は嬉しくなります。

直接的な好意の言葉で口説く必要はありません。女性から細かく褒めるだけで、男性はあなたの好意に気付いてくれます。

 

頼りにして口説く

女性から頼られると、どうしても張り切ってしまうのが男性の心理。女性から口説く場合に限って、「頼りにする」というのは、とても有効な口説き方です。

 

  • 男性を頼る「ちょっと手伝ってもらってもいいですか?」
  • 男性に助けられる「お手数かけてすみません。ご迷惑じゃなかったですか?」
  • 男性に感謝する「本当にありがとうございました。〇〇さんのお陰で助かりました!」
  • 一言付け加える「〇〇さん、本当に優しいですよね。〇〇さんの彼女は幸せだろうなぁ」

 

この流れが、女性から男性を頼りにして口説く方法です。

頑張れば自分でできるけど、手助けがあると嬉しいという場面があったら、好きな人を頼ってお願いしてみましょう。

 

好きな人が快く引き受けてくれた後は、最高の笑顔でお礼を言って、その後にさり気なく好意を匂わしてくださいね。

後で小さなお礼の品、例えばコーヒーを入れて渡すなどをすれば、益々2人の距離が縮まります。

 

明るく誘って口説く

女性から頼りにされると男性は張り切ってしまうということは、女性から誘われたら、張り切って応じるということです。

好きな人を口説いて徐々に仲良くなったら、思い切ってデートに誘ってみましょう。この時、重くならないように、極めて明るい感じで誘うのが、上手な口説き方です。

 

  • 〇〇さん、お仕事一段落したら一緒にランチ行きませんか?
  • お休みの日、お暇なら一緒に遊んでください。
  • 今話題の映画、もう観ました?まだなら一緒に行きません?

 

「好きだからデートしてください!」と気負わず、友達を誘うような感じで、明るく可愛らしく誘ってみましょう。

誘いに応じてくれたら大げさな位喜んで、デートの後は、とびっきりの笑顔で「楽しかった!また行きましょうね」と伝えて下さいね。

 

拝み倒して口説く

可愛く誘っても、すんなり応じてくれない難攻不落な彼ならば、拝み倒してみましょう。案外有効な口説き方なんですよ。

それに、しつこくし過ぎるのは良くありませんが、すぐ引き下がると、それっきりになってしまう可能性もあります。

 

  • そんなこと言わずに、お願いします!
  • 〇〇さんの予定に合わせますから、お暇な日教えてください。
  • ちょっとだけでもいいんです。
  • もしかして、お誘い迷惑ですか?

 

女性からここまで言われて、それでも断る男性はなかなかいません。

もし、拝み倒しても効果がない場合は、今のところ脈なしということ。口説き続けるのは得策ではないので、一旦引くことも検討してください。

 

オンリーワンの特別感で口説く

異性から特別扱いされると、それだけでドキドキしてしまいますよね。これは、男性も女性も共通で、女性から口説く時は、「あなただけ」という特別感を演出しましょう。

難しいようで、実は簡単な口説き方なんですよ。好きな人との会話の中に、オンリーワンのキーワードをちりばめるだけでOKです。例えば、こんな感じです。

 

  • 〇〇さんといると、すごく楽しいです。
  • 〇〇さんだけに、お土産です。皆には内緒ですよ。
  • 私、本当は人見知りなのに、〇〇さんだと話しやすいんですよね。
  • 〇〇さんだから、特別ですよ。

 

だけ」「内緒」「特別」は、オンリーワンキーワードです。言われた男性はドキドキ…。「それってどういう意味なんだろう?」と、あなたのことを考えずにはおれません。

思わせぶりな事をたっぷり言って、好きな人を上手に口説いてくださいね。

 

時には涙を見せて口説く

女性から男性を口説く最終手段は涙。涙はやっぱり女の武器なのです。好きな人の前で弱みを見せ、できればポロリと1粒涙を見せるという口説き方もあります。

色々な口説き方をしても、男性の反応がイマイチの場合は、相談事があると言って2人きりのシチュエーションを作りましょう。そして、悩み事を聞いてもらい、女性としてのか弱い部分を見せ、男性を頼って涙を見せるのです。

 

男性は女性の涙を見ると狼狽えます。そして、「なんとか泣き止んで欲しい」と、あなたに寄り添い、これが恋愛感情を芽生えさせるのです。

ただし、この口説き方は最終手段。涙はとっておきだからこそ効果を発揮します。すぐ泣く女性は、逆に男性から煙たがれるので、注意してくださいね。

 

終わりに

女性からの口説き方で最大のポイントは、男性の保護欲と自尊心を刺激すること。これさえできれば、ほぼ落としたと言えます。

好きな人を良く観察して、どんなことを指摘すると喜ぶのかを研究してくださいね。女性の細やかな気遣いで、好きな人を感動させましょう。

恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です