好きな人に好かれたい!性格が鈍い男性を落とす6つのアプローチ方法

恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

好きな人に好かれたいですよね。だから頑張ってアプローチしているのに、好きな人の性格が超鈍いと、全く気持ちに気付いてもらえないことがあります。これってすごくもどかしいですよね。

そこで、性格が鈍い男性の特徴を解説!好きな人が超鈍感でも落とせるアプローチ方法も紹介します。

 

好きな人は鈍感?性格が鈍い男性6つの特徴

「好きな人に好かれたいから頑張っているのに、彼の性格はとても鈍感で気付いてもらえない…」あなたはそう思っているかもしれませんが、もしかしたら好きな人はあなたの好意に気付かない振りをしているだけかもしれません

男性は女性からの好意に気付いていても、それに応えられない時は、あえて気付かない振りをすることがあるんですよ。

だから、まずは好きな人が本当に鈍感なのかを知る必要があります。そこで、性格が鈍い男性の特徴を解説していきましょう。

 

超マイペース

性格が鈍い男性は、超マイペースです。なぜならば、周囲の感情に鈍感なため、「自分がどう思われているのか」を気にせず好きに行動できるから。

あなたの好きな人が、集団の中でも自分が興味のあることを見つけると、フラフラっと離れて行ってしまうようなマイペースなタイプなら、かなり鈍感な男性です。

 

言葉の裏を読まない

大人になると、人にはタテマエと本音があるということを経験で知りますよね。

相手の発言にはどんな意味が込められているのか、そのまま鵜呑みにせず考えて受け取るようになります。

 

しかし、性格が鈍い男性は、その鈍感さゆえに言葉の裏を読もうとしません。

お世辞でも謙遜でも、相手の発言をそのままの意味で受け取ります。

そして、自分の言葉にも、裏に別の意味を込めようとはしません。彼の言葉は、そのままの意味なのです。

 

だから、あなたが好意を伝えたくて、でも恥ずかしくて「察して欲しい」と遠回しに発言しても、好きな人の性格が鈍感ならば、まず通じません

好意のチラ見せ程度では、言葉の情報が足りずあなたの好意に気付けないのです。

 

空気も読まない

性格が鈍い男性は、言葉の裏を読まないし、空気も読みません。

多くの人が具体的な発言がなくても空気を読んで行動を決められるような場面だとしても、鈍感な男性はそれを読まず、「何も言われていないし」と、マイペースに行動します。

 

例えば飲み会の時、皆が「早く乾杯したい」と思っている事を察して、飲み物をビールに合わせていても、好きな人の性格が鈍い場合は、構わず自分の好きな物を注文します。

だから、好きな人の性格が鈍いと、あなたがいい雰囲気にしたくてお膳立てしても、空気を読まないので平気で台無しにすることがあります

でも、空気が読めないだけで悪気はありません。

 

人にあまり興味がない

普通は人間関係に揉まれる内に、相手の気持ちを考えるようになります。

性格が鈍いのは、生まれながらの気質であることも多いのですが、それだけではなく、人にあまり興味がないから敏感になる必要がなく、結果鈍感なまま大人になったケースもあります。

その場合、人の顔や名前を覚えることが苦手です。興味のないことは、どうしても記憶しようとする意欲が起きず、なかなか覚えられないのです。

 

あなたの好きな人が、時折ビックリする位人に対して無頓着ならば、彼はかなりの鈍感君です。

 

発言が率直過ぎる

性格が鈍い男性は、実直とも言えます。自分が人にどう思われるか気にならないので、自分の思うように行動し、発言することができるのです。

だから、しばしば失礼な発言をしてしまいます。もちろん悪気はありません。

ただ自分が感じたことをそのまま言葉にしただけで、自分の発言で相手を傷つけたり怒らせたりするかもしれないとは思っていないのです。

 

好きな人の性格が鈍い場合、彼の発言に細かく傷つかなくても大丈夫です。率直な感想だと受け取るだけで充分です。

 

大らかで優しい

性格が鈍い男性は、デリカシーがないなどマイナスなイメージを持たれやすいですが、鈍感故にとても大らかな考え方をしています。

そして、小さなことを気にしない優しい性格です。

これは、男性としての魅力にもつながります。

 

小さなことに動じず、包容力があり、頼りになる存在なのです。

きっとあなたも、好きな人のそんなところに惹かれているのではないかと思います。

 

性格が鈍い好きな人に好かれたい時のアプローチ方法6つ

性格が鈍い男性は、神経質とは程遠く、自分の感情に素直なので、実は攻略しやすいともいえるんですよ。

男性は女性からの好意を感じて、そこで初めて相手の女性を意識する所があるのですが、性格が鈍感な男性には、このアプローチが最も有効です。

 

好きな人の性格が鈍い場合は、回りくどいアプローチは不要です。わかり辛い愛情表現をしても、好きな人が鈍感だと全く気付いてもらえません。

誰が見ても明らかに好意的だと伝わるくらいわかりやすくアプローチして、ようやくあなたの好意に気付きます。

だから、鈍感な好きな人に好かれたいなら、ストレートにアプローチしていきましょう。

 

率直にデートに誘う

性格が鈍い男性は、女性からの好意に対しても当然鈍いです。

だから、アプローチするならば、ガンガン攻めるくらいでちょうど良いです。

まずは、率直にデートに誘ってみましょう。鈍感な男性は相手の感情の裏を読まないので、好意的な態度には、好意的に返してくれます。

 

「一緒に遊びに行こう」と、あなたからデートに誘えば、「彼女は自分と仲良くなりたいんだな」と感じ、その気持ちに応えようとしてくれます

好きな人に好かれたいなら、あなたから「私はあなたに好意があるのよ」という行動を示していきましょう。

 

でも、これでトントン拍子に関係が発展するなら、好きな人は性格が鈍いわけではなさそうです。

本当に鈍感な男性は、女性がデートに誘ったくらいでは、「男性として好かれている」という確信を持ちません。友情として受け取ります。

 

メールやLINEにはハートマーク

性格が鈍い男性は、デートに誘ったくらいでは女性として大して意識してくれません。

女性として好きな人に好かれたいなら、まだまだわかりやすいアプローチが必要です。

 

メールやLINEのやりとりでは、ハートマークを多用しましょう。文面も、露骨に好意がわかるくらいが丁度良いです。

今時は、男性と親しくなるためにメールやLINEは外せないツールです。

単なるメル友と思われないように、ラブラブ光線を発射しましょう。

 

いっぱい褒める

好きな人に好かれたい時、相手を褒めるというのは鉄板の方法ですよね。

これは、性格が鈍い男性に対しても同じです。褒められて嬉しくない男性はいません。

 

ただし、鈍感故にストレートに且ついっぱい褒めてあげないと、「オレって褒められてる」と自覚しない可能性もあります。

だから、「すごいね!」「さすがだね!」「かっこいいね!」「尊敬しちゃう」と、確実に好きな人が誉め言葉と受け取るわかりやすい褒め方をしましょう

そうすれば、どんなに鈍い男性でも、「彼女は随分自分のことばかり褒めてくれるぞ。もしかして、気に入られてる?」と、気付いてくれます。

 

頑張っている事を応援する

好きな人に好かれたいならば、彼が頑張っている事を応援してあげましょう。

これは、好きな人の性格が鈍いかどうかはあまり関係ありません。

 

男性は、自分が頑張って取り組んでいることに対してプライドを持っています。

好きな人が頑張り過ぎると、体のことが心配になって、つい「大丈夫?」「少し休んだら?」と言いたくなりますが、男性はそんな言葉を女性に求めていないんです。

 

女性には頑張る自分を応援して欲しいと思うのが男性です。

頑張れば当然苦しいこともあるけど、女性から「頑張って!」と言われたら、やる気が沸いてきます。そして、自分にパワーをくれた女性に好感を持ちます

 

メッセージ付きのプレゼントを贈る

好きな人の性格が鈍い場合、普通にアプローチしても、あなたの好意になかなか気付いてもらえません。

だから、鈍感な好きな人に好かれたいならば、超わかりやすいアプローチが必要です。

 

昔からある好きな異性へのアプローチで、プレゼントを渡すという方法がありますよね。

もう、半ば告白のようなものですが、これくらいしないと、鈍感な男性は女性からの好意に気付かないんです。

 

そして、性格が鈍い男性の場合は、ただプレゼントを渡すのではなく、もう一工夫が必要です。ちょっとしたメッセージを添えましょう。

「いつも頑張っていて素敵です」とか「もっと仲良くなりたいな」など、短くてあなたの好意が一発でわかるメッセージが良いでしょう。

ちなみに、プレゼントはちょっとしたもので構いません。なんなら、コーヒーの差し入れをして、そこに付箋でメッセージをつけるだけでもOKです。

 

告白未満ギリギリ発言を連打する

男性は女性からの好意を感じると、急に意識して、そしていつの間にか好きになってしまうということが良くあります。

だから、好きな人に好かれたいなら、自分の好意を隠さず相手に伝えるのが良い方法なのです。

 

だけど、好きな人の性格が鈍いと、かなりわかりやすく好意を伝えなければ気付いてもらえません。

告白未満ギリギリの発言を連打して、ようやくあなたの好意に気付いてくれるのです。

ですので、勇気のいることですが、鈍感な男性を落としたいなら、言葉で愛情を伝えるしかありません。

 

  • 〇〇さんの彼女になる人は、毎日楽しいだろうなぁ。
  • 〇〇さんって、すごく私のタイプなんですよ。
  • え!?今彼女いないんですか。ラッキー☆
  • 私、現在彼氏募集中ですよ。
  • 〇〇さんって、本当に素敵ですよね。
  • 私の事、どう思ってますか?

 

「これってもう告白してるのと同じ!」と思いますよね。でも、「付き合ってください」とか、「あなたが好きです」という言葉じゃなければ、告白したことにはならないので大丈夫。

あなたの好意を好きな人に伝えてその気にさせて、彼から告白させちゃいましょう。

 

終わりに

好きな人の性格が鈍いと、アプローチするのも一苦労です。ちょっとやそっとでは好意に気付いてくれません。

でも、好きな人に好かれたいなら、やっぱり頑張るしかないのです。

鈍感な男性は細かいことを気にせず大らかですから、きっとあなたがわかりやすく好意を伝えれば、下手に勘繰らずに素直に受け入れてくれるはずです!

恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です