職場のお客さんに恋…しかも年の差な時の好きな人を振り向かせる方法

恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

職場に良く来るお客さんを好きになったけど、すごく年の差のある大人の男性…。

私なんて相手にされない?

そんなことありません!恋愛に年の差は関係ないんですよ。

 

あなたの行動次第で、好きな人を振り向かせることだってできます。

だけど、大きく年の差がある場合、アプローチにも工夫が必要です。

そこで今回は、職場のお客さんに恋をして、しかも年の差が大きい時の好きな人を振り向かせる方法を解説します!

 

一歩踏み出す前に必要な3つの確認事項

恋愛に年の差は関係ありませんが、この恋に一歩踏み出すかどうかを決める前に、最低限確認しておくべきことがあります。

 

お客さんが独身かどうか

職場とかお客さんとか年の差とか全く関係なく、まず真っ先に確認するべきは「好きな人が独身かどうか」です。

万が一既婚者の場合、あなたの気持ちがどんなに純粋でも、アプローチをしていることが妻にバレただけで、職場で修羅場を迎えてしまうかもしれません

お客さんと店員の関係でも、好きな人が独身かどうかわかる方法があります。

 

まず、好きな人の左手薬指に指輪があった場合、残念ながらほぼ既婚者決定です。

万が一独身だったとしても、恋人がいることでしょう。

また、指輪がなかったとしても安心できません。仕事中結婚指輪をしない男性は少なくありません

 

そんな時は、「この前ご家族でお店の前を歩いていましたよね。お子さんまだ小さいんですね」と聞いてみてください。

既婚者なら、「人違いじゃないかなぁ」と、子供がいることを否定しないか、「まだ子供はいないから別の人だと思うよ」と言ってくれるでしょう。

独身なら「え!僕独身ですが、見間違えじゃないですか?」と、自ら独身であることを主張してくれます。

 

お客さんが現在フリーかどうか

職場に来るお客さんがフリーかどうかも、重要な確認事項です。

独身であれば略奪するのもありですが、彼女持ちの場合、振り向かせるのは茨の道となってしまいます。

 

でも、既婚か独身か以上に確認するのが難しいことです。

お客さんがスマホを観ている時、盗み見したらわかることもありますが、そんなチャンスはなかなかありませんよね。

 

だから、やはり聞くしかないんです。

自然な聞き方は既婚かどうかを確認するのを応用すればできます。

「この前素敵な女性の人と歩いているのを見ちゃいました。彼女さんですよね」と、サラッと聞いて回答で判断してみましょう。

 

かなりドキドキすることだけど、この質問は一種のアプローチにもなります。

好きな人を振り向かせたいなら、これくらい軽くできる勇気が必要ですよ。

 

あなたの年齢

職場に来るお客さんが独身か、フリーかも重要ですが、それ以上大切なのが、実はあなたの年齢です。

もしも、あなたが高校生なら、今すぐ好きな人と付き合うのは諦めた方が良いでしょう

世の中には「淫行条例」というものがあって、18歳未満の不順異性交遊は禁止されているんです。

 

高校生だと18歳の場合もあるけど、かなり年の差な大人の男性は、「女子高生とは付き合えない」という世間体と常識を優先します。

断言しますが、大きな年の差がある女子高生に手を出す男性に、ろくな大人はいません

あなたの好きな人は、きっと立派な大人でしょうから、好きな人を振り向かせたくても、時期的に無理なのです。

 

どうしても振り向かせたいなら、卒業を待ちましょう

そうすれば、好きな人もあなたを一人の大人として見てくれるようになります。

 

年の差がある職場のお客さんを振り向かせる5ステップ

さて、全ての確認事項をクリアしたら、いよいよ好きな人を振り向かせる作戦実行です!

職場のお客さんと店員の関係は、近いようで遠いですよね。だから、段階を踏んで親しくなる必要があります。

 

とびきりの笑顔で接客する

まず、好きな人にあなたのことを「可愛らしい店員さん」と思ってもらえるようにしましょう

その為には、いつでも飛び切りの笑顔で接客することです。

男性はとにかく女性の笑顔が大好き。それがお客さんと店員という関係でも、自分に素敵な笑顔を見せられたら、それだけで気分が良くなるものなのです。年の差があろうがなかろうが関係ありません。

 

そして、恋心とはいかないまでも、あなたがいるお店に来ることが楽しみになります。

これが、好きな人を振り向かせる方法の第1ステップです。

 

お客さんを常連扱いにする

好きな人はあなたの職場に良く来てくれるお客さんですよね。

だから、あなたの職場が何を扱っているかを問わず、好きな人を常連扱いにしてください。

やり方はとっても簡単。「あなたのことを認識していますよ」というメッセージを伝えるだけ!ちょっとした声掛けでいいんですよ。

 

  • いつもありがとうございます。
  • いつもので良いですか?(オーダーのこと)
  • 今日は暑いですね(天気の話題)。
  • 今日は〇〇なんですね(いつもと違うことがあれば指摘)
  • 最近いらっしゃらないのでどうしたのかと思っていたところです。

 

上から順に下にいくにつれて徐々に難易度は高くなりますが、少しずつ声掛けすることで、好きな人は自分が店員に常連だと思われていることに気付きます。

 

そして、どんな職場でも、店員から常連扱いされると、男性はちょっとした優越感を持つんですよ。

更にこれだけで、店員とお客さんの距離感がぐっと縮まります

これが、好きな人を振り向かせる方法第2ステップです。

 

少しずつ雑談を取り入れる

好きな人が、自分が単なるお客さんではなく常連だと思われていると認識したら、もう一歩掘り下げた会話を自然にすることができます。

少しずつ、雑談を取り入れて、職場にお客さんがきてくれたら言葉を交わすのが当たり前の状態に持って行きましょう

 

これが好きな人を振り向かせる方法の第3ステップです。

最初は職場の情報をお知らせするような形から入ると自然です。

例えば「新商品ができました」とか「今の季節はこれがおススメですよ」など。

 

ここでもう一歩踏み込むなら、そして、職場の環境が許すなら、試食や試供品を渡すのもありです。

ただし、これだけだと単なるセールスに思われてしまうので、そこに「私はこれが好きなんですよ」などと、一言あなたの情報を付け加えてみましょう。

 

さり気なく褒めて好意を匂わす

職場のお客さんを好きになって、アプローチして恋人になったという話は割と良く聞く話ですが、あなたの場合、相手は年の差のある大人の男性ですよね。

なので、普通のアプローチでは、「単なる仲の良い店員さん」止まりとなってしまいます。

なぜなら、男性は自分と大きく年の差のある若い女性から、まさか好意を寄せられているとは、夢にも思わないからです。

 

ですので、好きな人を振り向かせる第4ステップは、言葉を交わすようになったら、好きな人のことをさり気なく褒めること。

そうして、あなたの好意を匂わせてください。好きな人の絶賛ポイントは簡単に見つかりますよね。

女性から褒められて嫌な気持ちになる男性はいません。好きな人は必ずあなたに好感を抱くようになります。

 

こっそり連絡先を渡す

職場のお客さんで、しかも好きな人を振り向かせる方法の仕上げは、あなたの連絡先を渡すことです。

これはプライベートのことですよね。本来仕事中にやってはいけないことです。

だから、こっそり好きな人に連絡先を渡してください。

 

あなたの名前と連絡先、そして簡単なメッセージを書いたメモを用意しましょう。

そして、いつものやり取りの時に、「これ、後で見てください」と小声で言って、さっと渡せばOKです。

メッセージは、大きな年の差があるため、丁寧な言葉を使うのが正解。例えば、こんなメッセージがおススメです。

 

  • いつもお店に来てくれるのを楽しみにしていました。もし良ければメッセージください。
  • もし迷惑でなければ、今度一緒にお食事してくれませんか?メッセージお待ちしています。
  • 実は…あなたに憧れていました。こんな私ですが、お友達になってくれませんか?メッセージ待っています

 

年上の男性が思わずグッとくるメッセージで、あなたに振り向かせてくださいね。

 

年の差の男性を振り向かせる!とっておきのフレーズ4選!

連絡先を渡した後、メッセージが好きな人から届いたら、既に7割は振り向かせることに成功したと思って良いでしょう。

でも、残り3割を油断すると、とり逃してしまうかもしれません。

lineやメールで連絡を取り合って、職場のお客さんと店員の関係から、恋人候補に格上げしてもらいましょう!

 

そこで、lineやメールで使える、大きな年の差のある大人の男性に響くフレーズを紹介します。

 

尊敬しちゃいます!

年下の女性から「尊敬しちゃいます!」と言われたら、男性は俄然張り切ってしまいます。

男性は人からの評価に敏感です。

それは、どんな男性にも「男ならばこうあるべきだ」という固定観念があるからです。

 

大きく年の差のある女性からの「尊敬」という言葉は、若いからこそ真実味があり、男性の自尊心を満たします

あなたのことを「可愛い」と思うと同時に、その期待に応えようと頑張ってくれますよ。

 

やっぱり大人の男性は素敵ですね

好きな人はあなたから連絡先を貰っても、大きく年の差のある若い女性からアプローチされることに、まだ「もしかして、単なる気まぐれか…」と、信じがたい気持ちでいるかもしれません。

人は年をとればとるほど、自分の年齢の重みを感じます。

だから、「そうは言っても、おじさんと思われているかもしれない」という不安を、どうしても感じてしまうのです。

 

でも、「やっぱり大人の男性は素敵ですね」と言われると、「そうか、彼女は年上好みなんだな」と妙に納得します。

そして、あなたからの好意を疑わずに、素直に受け止めて考えてみようという気持ちになるんですよ。

 

子供扱いしないでください

大きく年の差があると、男性から見たらあなたはまだまだ未熟に映ります

そこが可愛いと感じるのですが、なかなか対等には思えません。

でも、あなただって職場で立派に働く社会人。好きな人には認められたいですよね。

 

そんな時は「子供扱いしないでください」と伝えてください。このフレーズ、言われた男性は絶対グッとくるんです。

「子供扱いしないで」は、昔からドラマや漫画、小説で使われてきた年の差恋愛の王道フレーズ。

 

「まさか自分が若い女性から言われるとは…」と、言われた男性にとっては感慨深いものがあるんですよ。

そして、自分がもう大人の女性に対して失礼な態度をとっていたことを反省し、あなたのことを改めて「女性」として意識し始めます

 

好きな人に年齢は関係ないと思います

年の差のある好きな人を振り向かせる決め手となるフレーズが、「好きな人に年齢は関係ないと思います」です。

「子供扱いしないで」と言われた年の差のある若い女性から、更に「好きな人に年齢は関係ないと思います」と言われたら、どんなに鈍い男性もあなたの好意に気付きます

 

そして、年下のあなたにここまで言わせてしまったと思い、「告白は自分からしよう」と決意することでしょう

もしも、ここまでして尚、好きな人からの反応が薄ければ、後は玉砕覚悟で告白するのみです。

 

終わりに

職場に来るお客さん、しかも年の差がある場合は、最初のアプローチにとても勇気がいるかもしれませんね。

だけど、好きな人を振り向かせるためには、あなたから行動するしかありません!

 

好きな人は立派な大人の男性。

若い女性からの好意を受け取るかは別として、無下に断るような酷いことはしないと信じてみましょう。

そうすることで、アプローチする勇気が湧いてきますよ。頑張ってくださいね!

恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です