気になる人にlineをはじめて送るときの内容のおすすめは?

恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

気になる人とラインを交換できたら、心うきうきですよね。

とりあえず「友達になってもいい」ラインまでは相手が心を開いてくれている、ということですからね。

lineって、電話ともメールともちがう、独特の距離の近さがあると思います。

だからこそ、逆に慎重に対応しないと、相手に不快感を与えてしまう場合があります。

特に初めてlineを送ろうとするときは、次のことに気を付けてみてくださいね。

 

初めてlineを送るときにしてはいけないこと

  • いきなりため口
  • 距離感がなさすぎる
  • 自分が自分が、と自分のことばかり話す
  • 次から次にとめどなく話す
  • 変なスタンプを押す
  • 返信を求めすぎ

 

次から解説してみますね。

 

いきなりため口

相手と連絡が取れることがうれしい、相手の好意が感じられてうれしい、ということで

舞い上がってしまい、急に普段と違う口調になる人がいます

  • 「やっほー! どうしてる? わたしいまテレビ中~」
  • 「オレやっと帰宅。○○(呼び捨て)はあのあとどうしたー?」

もし、もともと仲の良かった間柄なら、こんなlineもありふれたものでしょう。

 

でも、初めてlineを知った相手に対しての言葉としては、ちょっと急すぎますよね。

相手も「え、この人なんでいつもと違うの?」と戸惑うでしょうし、まだ丁寧語で話し合う仲だった場合、そのギャップに困惑するでしょう。

そもそもlineを初めて送るくらいの間柄なのですから、いきなり仲良しトークを期待するのは無理なんです。ちょっと待ってください。物には順序があります。

 

距離感がなさすぎる

上のことに似ていますが、初めてlineをやりあうくらいの間柄なのに、急に

  • 「こんにちは! ところで○○ちゃんって実家住み?」
  • 「こんばんはー。○○くんって妹がいるんだよね?」

なんて言われたら、相手は、正直ちょっとこわいなあ、と思ってしまうでしょう。

 

もちろん、相手もあなたに好意を持っていて好きで好きでたまらない、という場合は違うかもしれません。

が、これから仲良くなっていきたいなあ、と思っている程度の仲の場合、あまりに距離感のなさすぎる言葉からlineをはじめる人には、心の中で線を引く、という人が多いと思います。

人には心地のいい人との距離感、というものがあります。その人の心の距離感をつかんでから、だんだん砕けた感じに話しかけるようにしましょう。

 

lineといえども、はじめまして、なんです。そこをよく考えましょうね。

 

自分が自分が、と自分のことばかり話す

次から次にとめどなく話す

この二つ、よく似ているんです。

 

lineだと相手の状況もよく見えませんし、わかりにくいので、つい、自分のことを話すしかなくなる、というのもわかります。

相手から返信がおそいと、ついつい気になって話しかけ続けちゃったりしますよね。

 

でも、あまりにもじぶんがじぶんが、だと、自分勝手な人、か、自分のことがとっても好きな人、と断定されてしまう恐れがあります。

  • 「こんにちは。わたしいまドラマ見てた」
  • 「ドラマ、面白い!(^^)!」
  • 「わたし恋愛物が好きだけど〇〇くんはどうかな?」
  • 「わたしが好きなのは○○と△△。あと韓流かな」
  • 「○○の好きなところは~」以下、ドラマ話エンドレス

など一人でずっと話してるとか。

 

  • 「こんばんは。オレ今バイトから帰ったとこ」
  • 「めっちゃつかれた」
  • 「今日の客に最低なのがいて」
  • 「もうざけんな、ってかんじ、やべえ、あともう寝るくらいしかできねえ」

日記なのか? ここはお前の日記か? と聞き返したくなるようなlineがきたら相手に好意を持ちますか?

 

lineって交流するツールです。片方だけが話すものではありませんし、lineですら相手の話を聞かない人なら、実際に付き合ったりしても人の話なんか聞かない、自分勝手なひとなんだろうなー、と思われても仕方ありません。

恋愛においてイケイケ!と攻めていくタイプの人がいるのはわかりますが、lineの会話で攻めすぎるのはやめてください。相手の反応も見えないので、結果が怖すぎますよ。

 

変なスタンプを押す

lineのいいところって、スタンプで返事を返せるところですよね。

その状況にピタッとあったスタンプをぱっと貼れると、読んでいても「おおー」って思ったりしますよね?

そんなスタンプもあるんだね、とか、話題がふくらむこともあります。

 

ただ、あまりに面白系に走っているスタンプをいきなり使ってしまうと、相手はちょっと困惑すると思います

親しき中にも礼儀ありといいます、まだそれほど仲良くなっていないのに、友達同士で受けていた面白スタンプをえいっ!と押してしまうのはやめてください。

ちょっとキモ面白いスタンプや、趣味に走った漫画やアニメなどのスタンプも危険信号です。

 

特に漫画やアニメだと、それを見ていないとそもそも意味が分からなかったりしますし、「この人とは趣味が合わないな」とあっという間に恋愛相手から外される場合があります。

あとは、男の人なのにやけにラブリーなスタンプも、最初のうちはやめておいた方がいいでしょう。

 

そういうのは後からいくらでもできますから、最初のうち、相手がどんな出方をするのかどういうことを面白いと感じるかを見極めるまでは我慢です

それまでは、一般的なスタンプでお茶を濁していてください。

 

返答を求めすぎ

lineって、相手が読んだことがこちらにわかってしまうので、既読マークがついて放っておかれると、「なんでだろう。どうしてだろう」と思ってしまうのが人間だと思います。

あるいは、既読すらつかないと、「自分のことはどうでもいいんだろうか、見てもくれないんだろうか」と不安になってしまうのもわかります。

でも相手にも生活があり、しなければいけないことがあります。

 

また、鷹揚な性格な人もいるかもしれません。

ですから、自分が送ったlineに返事が来ないからといって

  • 「どうしたの?」
  • 「げんき? 既読ついてるけど、読んではくれたのかな?」
  • 「気になるー。返事がほしいなー」

などと返信をしつこく求めるのはやめましょう。相手がめんどくさくなったり、最悪、ちょっと怖い人だと思われる可能性があります。

 

では、どんな内容を送ればいいのか

結局、ふつうの内容がいちばんです。

上に書いたことを頭に入れて、そこはしないように気を付けながら、まず、lineIDを交換できたことがうれしい、ということを相手に伝えましょう。

  • 「こんにちは。○○くんとlineで話せるようになって嬉しいです」

 

など、丁寧に書くのがいいと思います。そして、次の会話につなげるために、ちょっとした言葉を投げかけてみましょう。

  • 「○○くん、今は何してるかな? わたしはこれから二限目だよー」
  • 「△△さん、今見てるドラマある? 俺は○○が気になってる」

一言だけでいいです。相手が興味ありそうで、自分も話せそうなこととにかく次の一言を引き出せそうなことを考えて、一文だけ送りましょう。

 

それからあとは、相手の様子見です。とにかく最初にお話ししたミスさえしなければ、相手があなたと関係を続けていきたいと思ったら、良い返信が来るでしょう。

 

初めてlineをおくるときは

どうか、あんまり相手の返信のことばかり考えすぎぬようにお気を付けください。

ベストを尽くしたら、あとは待つだけです。ほかのことでもして建設的にすごしてください。

人って、思いつめるとちょっと変なことをしてしまったりしますからね

あなたに、相手からやさしい言葉がかえってきますように。

恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です