気になる人に電話するきっかけと緊張しないコツ!誘い方も解説

恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

気になる人と電話してみたい。声を聞きたい…。

今の時代、連絡方法は電話ではなくLINEやメールが主流です。だから、電話したいと思っても、簡単にはできないものですよね。

 

そこで今回は、気になる人に電話するきっかけ作りと、緊張しないコツを解説!気になる人の電話での誘い方も紹介します。

 

気になる人をあえて電話で誘うメリット

「気になる人を誘うなら、LINEやメールで充分では?」と思う人も多いですよね。でも、電話で誘うのには色々なメリットがあるんですよ。

 

LINEやメールより距離感が近くなる

LINEやメールでは文字やスタンプしか情報がありません。もちろん、そのやり取りは独特の楽しさがありますが、電話の方がずっと距離感を近く感じるんです。

なぜなら、電話は相手の声や息遣いを感じることができるから。

「でも、電話だと無言の間ができるのが恐い…」

と、躊躇するかもしれませんが、電話独特の間も実は大切なんですよ。LINEのやりとりが中断するよりずっと、相手の気持ちを間で測ることができます。

 

電話で話すことでデートのハードルが低くなる

デートする前に、電話は全くせず、LINEやメールのみで連絡を取り合っていると、いざ面と向かった時に、お互い想像以上に緊張してしまうことがあります。文字のやり取りではあんなに盛り上がったのに、顔を会わせると何を話して良いかわからなくなってしまうんです。

これは、文字のやり取りと会話では、コミュニケーションのスピードに差があることで起こる現象です。LINEやメールでは、お互い自分のペースで返信すれば良いですよね。しかし会話は違います。相手が話したら、同じテンポで返さなければなりません。

その点、電話は実際に会っている時と会話のスピードは変わりません。電話で連絡を取り合っていれば、会った時のギャップが少ないので、安心していつも通り会話をすることができます。だから、デートのハードルが低くなるんです。

 

デートの計画が進みやすい

気になる人を電話で誘う最大のメリットは、話が早いということです。LINEやメールだと、予定を聞いても返信が次の日になることもあります。場合のよっては誘ってからの返信に間が空き過ぎて、うやむやにされてしまうこともあります。

その点電話で誘うと、その場ですぐ話が進みます。電話で誘ってそのまま約束の詳細を決められるのです。

 

気になる人に電話するきっかけの作り方

電話で気になる人を誘うのにはメリットがいっぱいありますが、いきなり電話するというのも難しいですよね。

そこで、気になる人に電話するきっかけの作り方を紹介します。

 

聞きたいことを作る

LINEやメールではちょっと大変という理由を作れば、電話するのが自然になりますよね。ですので、込み入った聞きたいことを作ってしまいましょう。

LINEやメールの短文で済むようなものではなく、聞いたらその答えが長文になるようなことを探すんです。その内容は、気になる人が興味のあることについてがおススメです。

自分が興味ある事なら、むしろ気になる人の方が「LINEやメールじゃ伝えられない!」と電話する気になってくれるかもしれません。何より彼が饒舌になる話題なので、いざ電話した時とても話しやすい雰囲気になります

 

相談を持ち掛ける

気になる人に電話するために、込み入った話のネタを作るもう1つの方法が、相談を持ち掛けることです。相談事となると、LINEやメールだけではなかなか完結できませんよね。

相談をするというきっかけは、そのまま電話でデートに誘う流れを作りやすいのもメリットです。まずは電話で相談して、「もう少しゆっくり話を聞いて欲しいんだけど、時間作ってもらってもいいかな?」と、自然な流れでデートに誘えます。

 

LINEやメールをしている途中で電話する

今時電話をするにはそれ相応の理由が必要な時代です。でも、気になる人に電話したいなら、LINEやメールで済むことでも、あえて電話してしまうのもありです。

「LINEしてたら話したくなったから電話していい?」と、やりとりの途中で気になる人に聞いてしまいましょう。「いいよ」と返信が来れば超ラッキーです。無理なく電話をかけることができます。

 

間違い電話したことにする

昔からあるベタな方法ですが、間違い電話を装って電話するというのもありです。実際、スマホのアドレス帳で、かけようとしていた人の上下の欄にいた人に、間違って電話をかけてしまうというのは、誰もが1度は経験があるのではないでしょうか。

ただし、このきっかけは何度も使えないのがデメリットです。更に、間違い電話ですから、そこから長電話をするのは不自然ですよね。

でも、間違い電話をすることが、電話するきっかけにもなるんです。「さっき間違い電話しちゃってごめんね」と、再び電話をかけて仕切り直しすれば、長電話しても不自然じゃありませんよ。

 

気になる人との電話で緊張しない4つのコツ

気になる人に電話しようと決意しても、いざかけようとすると「すっごく緊張する~!」と、決心が鈍ってしまいそうですよね。

勇気を出して電話しても、緊張で上手く喋れなかったらどうしようと不安に感じるのは当然です。

 

気になる人との電話で緊張しないコツとは?どんなことに気をつければ良いのか解説します。

 

話す内容を決めておく

まず大切なのは、予め話す内容を決めておくことです。そうすれば、電話がつながって「何を喋ろう…」と狼狽えずに済みます

話す内容は、電話するきっかけに繋がるものです。聞きたいことがあるのか、相談したいのか、それともLINEでは物足りないから電話するのか、シチュエーションによって話す内容をしっかり考えておきましょう。

 

色々なパターンをシミュレーションする

緊張しないためには、予行練習が必要です。前もって色々な会話パターンを想定して自分の中でシミュレーションをすれば、それが自信になって緊張を緩めることができます。

気になる人の性格を踏まえて、どんな話題なら乗ってくれるか、どう持って行けば話が盛り上がるか、電話するまえに考えましょう。

 

ゆっくりとした口調を心がける

緊張すると人は声が小さくなり早口になります。電話だとそのような話し方は、ぼそぼそとしていて聞き取り辛いものです。

だから、電話ではゆっくりとした口調を心がけてください。ゆっくりはっきり、これが基本です。

ゆっくりと話すことで、話しながら考えることもできるし、気持ちを落ち着けることができます。また、ゆっくり喋れば、それだけ気になる人と電話する時間が長くなります。

 

テンポよく相槌をうつ

緊張するといつもの自分のペースを見失いがちですよね。電話中気になる人の話を一生懸命聞こうとして無言になってしまうこともあります。すると、気になる人はちゃんと聞いてるのかわからなくなり、話す意欲を失ってしまいます。

そうならないためにも、電話中はテンポ良く相槌をうつようにしましょう。「うんうん」「それで?」「そうなんだ」「すごいね」と、会話の途中で相槌を上手に入れれば、気になる人は気分良く話してくれます

電話して気になる人が会話を楽しんでくれたら最高ですよね。あなたも嬉しくなって、緊張がいつの間にか和らいでいきますよ。

 

気になる人の電話での誘い方

さて、最後は気になる人を電話で誘う方法です。「誘う」という行為は、それに応じてもらう為の一種の交渉でもあります。

文字だけの交渉というのはなかなか困難ですよね。電話ならば自分次第で気になる人を誘ってOKを貰うことも可能です。それでは、電話での誘い方を説明していきましょう。

 

自然な流れで誘えるストーリーを作る

今時、連絡方法は電話以外にも色々あり、むしろそちらの方が主流です。そんな中、ただ誘う為だけに電話をするのはちょっと不自然。電話する用があり、その時の会話の流れで自然に誘うというのが、最もスムーズな流れです。

ですので、まずは電話をかけるきっかけを作り、電話をして、会話の流れで「今度会おうよ」という着地点を作れるストーリーを考える必要があります。例えばこんな感じです。

 

  • 相談事があるから電話したいと気になる人にLINEなどで伝える。
  • 気になる人に電話OKの返事を貰ってから電話する。
  • まずは電話で相談事に乗ってもらう。
  • 込み入った内容にして「できれば会って話を聞いて欲しい」と誘う。

 

誘う時は段取りを組んで、気になる人からOKを貰いやすい工夫をすることが大切です。

 

「お願い!」と謙虚な態度をとる

気になる人と既にある程度親しいならば、相談事などを作らず、ストレートに「遊びに行こう」と言ってしまう誘い方もあります。

この場合でも、まずはLINEなどで「電話していい?」と気になる人にお伺いをかけましょう。気になる人の都合を配慮するのは基本です。自分のペースでいきなり電話をかけると、「迷惑な女」と思われてしまう可能性があります。

電話をしたら、まずはちょっとした雑談をして雰囲気を盛り上げた後、「暇だから週末遊んでほしいな。お願い!」と、謙虚な態度で気になる人に頼んでみましょう。誘うというより、お願いするというスタイルです。

男性は女性からお願いされたら、嫌いな相手ではない限り悪い気はしないものです。女性が思っている以上に、男性はサービス精神旺盛なんですよ。それなりに親しい女性から「遊んで」とお願いされたら、まず大抵の男性はOKしてくれることでしょう。

 

1度断られても「そこをなんとか」と粘る

もしかしたら、あなたの誘いに気になる人は乗り気になれず、「また今度」と断られてしまうかもしれません。しかし、電話で誘う大きなメリットは、交渉しやすいということです。1度断られたくらいで引き下がっては、せっかく電話した意味がありません。

気になる人に誘いを断られたら、すぐに引き下がらず、「忙しいの?」「別の日でもいいよ」「そこをなんとか時間作れないかな?」と粘ってみましょう。押しに弱い男性は割といるものです。

ただし、引き際が肝心です。粘っても良い返事がもらえない時は、「そっか、無理言ってごめんね」とサッと引き下がって電話を終了してください。

今まで粘っていたのに背を向けられて、彼は自分が断ったのに肩透かしにあったような物足りなさを感じるかもしれません。そうすれば、少し時間をおいて再び誘った時、OKを貰える可能性が高まります。

 

終わりに

普段LINEやメールでしかやり取りをしていないと、電話をかけるだけでもすごく緊張してしまいますよね。

でも、気になる人ともっと親しくなりたいなら、電話するのはとても有効な手段なんですよ。

 

電話するきっかけは、改めて考えると結構見つかるものですから、まずは電話してみましょう。

電話しただけで気になる人との関係が悪化することなどまずないので大丈夫です。

紹介した誘い方を参考にして、気になる人を見事誘い落してくださいね。

恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です