気になる人と1時間も電話は脈あり!?長電話する男性の心理とは?

恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

「気になる人と1時間も長電話しちゃった!これってもしかして脈あり!?」LINEやメールが基本の時代に、1時間も電話で話すってすごく特別感があって、期待したくなりますよね。

でも、男性から見たら、長電話できる女性は必ずしも異性として意識しているとは限らないので注意が必要です。

今回は、1時間も長電話する男性の心理と、その内容で気になる人があなたに脈ありかどうかの判断基準を解説します。

 

女性に1時間も長電話する男性の心理5つ

女性同士の長電話は良くあることだけど、男性と女性の長電話は、どこか特別な感じがしますよね。

でも、気になる人があなたを特別に思っているから長電話していると思うのは早計です。男性が女性に長電話するのには、色々な心理があるんですよ。

 

寂しいから誰かと長電話したい

寂しいと人恋しくなりますよね。誰かと話したくなって、電話をかけてしまうことがあります。

これは、性別関係ありません。

男性でも寂しがり屋の中には、常に誰かと繋がっていたいタイプがいます。夜部屋に1人でいると、寂しくなって誰かにLINEや電話をしてしまうんです。

気になる人がこのタイプの場合、いつでも優しく長電話に付き合ってくれるあなたは彼にとって救世主!寂しい夜、他に電話する宛てがない時、ついあなたに電話してしまうことでしょう。

 

この段階では、あなたは気になる人にとって、「心優しい友人の一人」かもしれません。

でも、寂しがり屋は自分の心の溝を埋めてくれる深い愛情を持った人を好みます。今後のあなたの対応次第で、きっと振り向かせることができますよ。

 

暇つぶしに長電話しているだけ

今時、電話ってハードルが高い連絡方法ですよね。LINEやメールに慣れた世代は、すぐに応じなければならない電話は、ある意味相手の都合を考えない自分勝手な連絡方法です。

しかし、そんなことはお構いなしの男性もいます。自分勝手でマイペース。自分の都合で電話したい時に電話してくるんです。

電話する理由は「暇だから」。

 

今時は無料通話プランがありますし、LINE通話ならいくら電話しても料金はかかりません。

お金の心配をすることなく長電話ができます。だから、暇つぶしには持ってこいなのです。

「暇つぶしでも、気になる人が自分を選んで電話してくれたことが嬉しい!」と思うかもしれませんが、暇つぶしに選ぶ相手は、遠慮のない付き合いができる相手か、それとも嫌われても大したダメージを追わない相手かのどちらかです。喜んでいる場合ではないかもしれませんよ。

 

楽しく長電話できる女友達だと思っている

男性の中にも電話好きは存在します。自分の部屋でくつろぎながら、誰かととりとめのない話をするのが好きというタイプです。

この場合、「楽しく電話できるかどうか」が重要になります。

男女問わず、話題を選ばなくても楽しめる親しい友達というのが絶対条件です。

 

気になる人があなたと頻繁に長電話し、しかも毎回無邪気に楽しそうならば、異性ではなく気の置けない女友達だと思っているのかも。

女友達だからこそ緊張することもなく、純粋に会話が楽しめるということです。

 

あなたのことが好きで声を聞いていたい

もちろん、同じ好きでも女友達ではなく、異性として好きだという可能性も大いにあります。

長電話はやっぱり特別な行為です。どうでも良い女性にわざわざ長電話する男性は少数派です。

 

気になる人があなたのことが好きで、声をずっと聞いていたいと思っている場合、つい長電話になってしまいます。

ちょっと緊張して上手く話せなかったり、無言の間ができたりしても、好きだから電話で繋がっていたいのです。

緊張感は電話からも伝わってきます。

気になる人と超会話が弾むわけでもないのに、なんだかんだで1時間もの長電話になったなら、あなたのことを好きかもしれませんよ

 

ただ単に電話を切るタイミングが掴めないだけ

気になる人がとてもお人好しで気を遣うタイプの場合、かけた電話でも、かかってきた電話でも、自分から「そろそろ切るよ」と言い出せないだけというケースがあります。

ただ単に電話をきるタイミングが掴めず、結果長電話になってしまうのです。

気になる人との電話は、嬉しくてあなたからはなかなか「切るね」と言い難いですよね。だから益々長電話になってしまいます。

 

普段から気になる人がとても周囲に気を遣うタイプで、優しくて人が良く、自分の意見をそっと胸に仕舞う人ならば、「切る」の一言が言えなかっただけなのかもしれません。

 

気になる人と長電話の内容で脈ありか判断する5つの基準

男性が女性と1時間長電話しても、そこに恋愛感情が絡んでいないケースもあります。とは言え、LINEやメールが連絡方法の主流となった今時に、わざわざ長電話するのですから、脈ありの可能性も大きいです。

そこで重要になってくるのが、長電話の会話内容。気になる人との会話内容の中に、脈ありかどうかの判断基準が隠されているんですよ。

 

あなたの話を親身になって聞いてくれる

気になる人が電話中、あなたの話を親身になって聞いてくれた場合は、脈ありの可能性が高いです。女性の話を延々聞くというのは、男性にとってはなかなか大変なこと。気を遣おうと思ってもつい聞き流してしまうものです。

でも、相手が好きな女性ならば違います。彼女のことを知りたいし、適当に聞いていると誤解されたくないので、一生懸命親身になって耳を傾けます。また、好きな女性の声はとても心地良く感じるので、1時間でも2時間でも電話で聞いていられます。

一方、暇つぶしや寂しいという理由で長電話している場合、気になる人は自分の話ばかりをマイペースにペラペラと喋ります。彼は誰かと話したくて電話しただけ。あなたの話を聞くより、自分の話をとにかく聞いて欲しいんです。

あなたがそれをどう思っているかは、気になる人にとって重要ではありません。

 

長電話が迷惑にならないか気遣ってくれる

気になる人があなたに脈ありならば、「長電話して迷惑かけたくない」「迷惑な奴と思われたくない」という気持ちがあります。でも、あなたの声をできるだけ長く聞いていたいとも思っています。

だから、1時間の長電話でも、ところどころで「時間大丈夫かな?」「長電話して迷惑になってないかな?」と、あなたを気遣う発言があります。そして、あなたが「大丈夫」と答えたら、ホッとしたように「良かった」と言って、電話を続けます。

脈なしの場合は、あなたの都合などお構いなしです。自分の気が済むまで長電話して喋りまくります。

 

あなたを笑わそうとする話題を出してくる

もしも、気になる人があなたのことを意識している場合、この電話で自分の好感度を上げたいと思っています。そのため、電話する前にあなたを楽しませるための話題を用意し、そして電話で披露します。

だから、1時間の電話の中で、気になる人があなたを笑わそうと、自分の失敗談やあなたが興味のある話題をたくさん出してくるならば脈ありです。電話は彼からのアプローチということです。

 

あなたに対しての質問が多い

気になる人のことは、何でも知りたくなりますよね。だから、自然と相手への質問が増えます。

1時間の電話の中で、気になる人があなたのことをあれこれ質問してくれたなら、脈ありの可能性大です。男性は、どうでも良い女性にわざわざ電話で色々質問しようなどとは考えません。あなたのことが知りたくて、気になる人は電話してくれたということですよ。

 

電話を切る時名残惜しそうにしている

気になる人との長電話が脈ありかどうかを知りたいなら、電話を切る時の彼の様子を良く思い出してみてください。

1時間も長電話したのに、それでも切る時に名残惜しそうにしているならば、脈ありの可能性大!

1時間でも充分長電話ですが、気になる人にとってはアッという間だったのでしょう。楽しい時間は、早く感じるものです。

 

「名残惜しそうだったかどうか、電話じゃ良くわからない…」というのであれば、電話を切る時の発言を思い出してみましょう。

「もう1時間も経ってたのか」「もっと話したいけど、流石に迷惑かな」「また電話してもいいかな」など、名残惜しさがつい言葉になって出ているはずです。

 

終わりに

気になる人と1時間電話したからといって、彼があなたに脈ありとは限りません。でも、少なくとも嫌われていないことだけは確かです。

だから、長電話はポジティブに捉えてください。今の段階で脈なしの可能性が高くても、いくらでも脈ありにひっくり返せます。

電話で1時間も話せるならば、きっとデートしても楽しいですよ。あなたから積極的に誘ってみてくださいね。

恋愛カウンセラーK氏にあなたの恋愛の悩みを相談!
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です